エンジニアの声

ロボットプログラム

仕事内容、やりがい

ロボットが動き出した瞬間は感動もの
ロボットシステムプログラミングで重要なのは、いかにロボットにムダな動きをさせないかです。ムダな動きをするとそれだけ時間がかかり、ラインの生産性が低下してしまいます。実際のロボットの動きを自分の中でイメージしてから、プログラムに落とし込んでいきます。その後、据付や現場でのティーチングを行い、最後に現場の状況にあわせてプログラミングを微調整します。やはり最初に電源を入れるときは、毎回緊張の一瞬です。少しでもミスがあれば他の機械を破損させてしまう危険性もありますからね。それでも、自分が組んだプログラムでロボットが動き出す瞬間は感動ものです。

こんな経験・スキル・資質を持った方に期待

自分の考えを正確に伝えられる能力も大切
一人に任される範囲も広く、責任とやりがいどちらも大きい仕事です。また社内は係長クラスのリーダーにも若い人が多く、とても明るい雰囲気で仕事をしやすい環境にあると思います。プログラミングの経験があって、元気で明るい方大歓迎です。さらに言えば、自分の意見をしっかり発言できる方がいいですね。仕事はチームで進めていきますし、お客様に接する機会もありますから、自分の考えを正確に相手に伝える能力も大切だと思います。



PAGE TOP