開発チーム

ロボットシステム


生産工程を自働化するロボットシステム(計測機含む)を開発する

射出成型インサートロボットなど生産工程を自働化するロボットを開発しています。案件ごとに「メカ設計」「電気設計」「ロボットプログラミング」の各々の担当者がプロジェクトを組んで仕事を進めていきます。まずは、お客様からライン構想や「これまで人手で行っていたことをロボットを使って自働化したい」といった要望をヒアリングし、「メカ設計」の担当者がお客様と話をしながら、ロボットの大枠を決めて企画書を作成します。これに基づき電気設計が制御盤設計(ハード)とプログラミング(ソフト)を行って、電気的な肉付けをしていきます。並行してロボットプログラミングの担当者が、ロボットのプログラムを作ります。専門性を必要とされる仕事ですが、経験を積んでいけば「一専多能」となり、一人の人が幅広い業務をカバーできるようになります。その分多くの仕事を任され、責任やプレッシャーも大きくなりますが、自分の設計したものが目の前で動き、お客様が喜んでくれる。その瞬間の感動や達成感はとても大きなものです。


PAGE TOP