技術チーム

生産技術


効率的な生産ラインの設計から稼働までを担う

工場の工程(ライン)設計を担当します。どんな機械を使い、どういった流れで製品を作っていくのかを考え、実際にラインを構築します。また、お客様に提出するQC工程表や作業要領書の作成も仕事の範囲です。新規で機械を導入するときは、メーカーに発注する場合と内製する場合があり、いずれのケースも生産技術が製作段階の管理を担当します。そして完成した機械に部品を流し、問題がなければ量産へ移行するまでを見守ります。

工程設計をする上で大切なのは、製品ができるまでのプロセスをしっかり理解していること。これがないと、効率的なライン設計はできません。特に新しい機械を導入する際には大きな投資をするわけですから、ライン稼働率、採算性などについて考えながら設計を行います。

生産技術の仕事は、製造の現場を経験しないとできません。そこで現場を数年経験した後、適性を判断して配属となります。その後は、ローテーションすることにより、幅広い知識や技術を身に付けることができます。


工機


常に生産現場を最良の状態に維持する

「電気」「部品加工」「再研」の3チームに分かれ、常に最良の状態で製品生産ができるように、製品生産を支えるのが主な仕事です。「電気」は電気的なトラブルに対応し、「部品加工」は機械の故障に対応します。「再研」は加工により劣化した切削機械の刃具を研ぎなおします。それぞれに専門知識が必要とされるので、日々の業務を通して各分野のスペシャリストを育成しています。


品質保証


品質不良の未然防止などを行い、製品品質を確保する

製品の品質を保証するためのチェック機能を果たしています。業務としては、製品の検査方法を検討し、3次元測定機、工具顕微鏡など加工精度を測定するための測定機を定期的に検査して正しく計測ができるかを確認します。また品質不良が出たときに、その原因を追究するなどして事前対策を練り再発防止を図ります。


PAGE TOP